一定期間更新がないため広告を表示しています

DSC00063.JPG

こちらが、祭壇です。

天井を高くして、たくさんの大きなステンドグラスを配することで光を取り入れている
もののやはり全体的に仄暗い聖堂。 
その中において、午前の時間にひと際明るくなるように工夫された場所です。 
仄暗い闇の中に聖なるものが降臨するような或いは昇天するようなイメージを抱かせます。

高いドーム状の天井に響く賛美歌や祝祷の声の広がりは、荘厳な雰囲気を醸し出す
のでしょうね。。。


DSC00065.JPG

祭壇におかれた台。 聖書を置くものでしょうか。


DSC00060.JPG

祭壇に向かって左側のステンドグラスのバラ窓。
聖母マリアの生涯が描かれています。 

DSC00059.JPG

ステンドグラスには随所に美しい青色がほどこされています。

ガラスの技術は急速に進歩してより明るくなっていきますが、シャルトル大聖堂のような
深みのある色はなくなっていき、同じ色は二度と出せないかもしれないといわれています。
特にその青の美しさは、「シャルトル・ブルー」と呼ばれているそうです。

また、ブルーと薔薇は、聖母マリアの象徴でもあります。

DSC00068.JPG

ひときわブルーが美しいステンドグラス窓の下には、聖母マリア像が祭られています。

DSC00069.JPG

近くで見ると、聖母マリアとイエスがマントのようなものをまとっていますね。
これは、聖母マリアのものとされるサンクタ・カミシア(Sancta Camisia、聖衣)。
古の火事の際にも焼失を免れたといわれています。
この聖衣を讃えるために世界中から巡礼者が訪れるそうです。


DSC00079.JPG

数メートルにわたって施されたこちらの彫刻も聖書のエピソードの数々を表しています。

DSC00080.JPG

中央部分を近くで観ると、このようになっています。
聖母マリアとイエスが見えます。

DSC00082.JPG

日時計だそうです。

DSC00076.JPG

お祈りする場所。

DSC00081.JPG

シャルトルブルーが美しいです。。。

DSC00078.JPG


DSC00083.JPG

夏の陽射しが眩しく30度近い気温の外から、聖堂の中に足を踏み入れると
石造りの堂内はひんやりと涼しく、仄暗さが静かに心を落ち着かせてくれる
そんな場所でした。。。





<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

Soffyさん

 ご無沙汰です。

 行ってこられたのですね。

 いいなぁ〜、パリ。

 まだ私は行ったことがありません。友人といつかはヨーロッパ巡りをしたいと言っているのですが、小雪が来てから、ますます旅行には行けなくなりました。
だから、Soffyさんのこの旅行記で楽しませていただいています。
 
 
comment by: sumika | 2010/08/29 9:39 PM
* sumikaさん

お久しぶりです。

そう言っていただけるとと、私も励みになります。

行ってきましたよ。 
往きの飛行機は、かなりアブナかったですけど(笑)

私も、娘達が大きくなるまではがまん。。と思っていたら
あっという間に十数年経ってしまいました。

今回は娘同伴でしたが、次女が大学生になったら
友人と大人だけの旅をしたいね、と話しています。

sumikaさんも、小雪ちゃんがもう少し大きくなったら
どこかにご一緒しましょうね!
comment by: Soffy | 2010/08/30 9:42 PM

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://cn76.jugem.jp/trackback/586

TrackBacks: