一定期間更新がないため広告を表示しています

DSC00229.JPG

そして、同じ日の午後にやって来たのは、ヴェルサイユ宮殿です。

二つとも絢爛豪華な造りという点では似ていますが、インテリアを見る限りでは、
フォンテーヌブローは男性的で荘厳、ヴェルサイユはそれに比べるとエレガントで優雅な
印象を受けました。 イタリア・ルネッサンス後期の影響をもろに受けた時代と、その過程を
経てよりフランス風にアレンジされたのがヴェルサイユの姿ということなのでしょうか。

DSC00231.JPG

上の写真は、ヴェルサイユ宮殿を造らせた”太陽王”ルイ14世の紋章。

フォンテーヌブローの主であったフランソワ1世は、フランス国民から最も愛された王と言われた
そうですが、ここヴェルサイユ宮殿の主たちは、どうだったのでしょう。。

ルイ14世は、政治にも直接かかわって、芸術にも貢献したエネルギッシュな君主だったとか。
政治的にも宗教的にも、いろいろな新しい試みに取り組み、それなりに成果もあったようですが、
戦争を幾度となく起こしたことなども影響して、亡くなる前には国の財政は苦しくなります。

そのルイ14世に後継ぎに選ばれた曾孫のアンジュー公がわずか5歳で、ルイ15世に。
当然、政治は大人であるブレーンが行うことになるわけで、その癖がついたからなのか、
wikiにもある通り、「政治には無関心で、閣僚に政治を任せ、国民の不満が高まった。
多くの愛人を持ち私生活は奔放で、最愛王(Bien-Aimé)と呼ばれた。」とのこと。

なにかとコンプレックスがあったように見受けられるルイ14世とは異なり、かなりの美男子
だったルイ15世。 歴代の王たちでさえ、公妾は2,3人ほどなのに、ルイ15世は、wikiに
書かれているだけでも14人。その中には、有名なポンパドール夫人やデュ・バリー夫人も。

ちなみに、公妾というのは、日本のような側室制度が認められていなかったキリスト教
ヨーロッパ諸国で採用された歴史的制度だそうで、彼女たちは単なる愛人ではなく社交界を
コントロールし、時には政治にも関与する立場だったようです。 

そして、孫のルイ16世が即位。 マリー・アントワネットのご主人のイメージの方が強い
ような感じで、ちょっと気の毒な王様という印象。
そもそも野心的ではないご本人の性格の上、アントワネットがあんな感じで、歴代の王の
ツケである財政難が手に負えないほどになっていた、という状況も手伝って、庶民の反感は
ピークに。 そしてフランス革命へ。

そんな歴史を思いながら、この優雅で派手なインテリアの宮殿を眺めていると、なんとも
複雑な気持ちにならずにはいられません。。

まぁ、何事も中途半端はよくないような気もするので、そういう意味ではフランス貴族の
野心の究極が芸術と結び付くとこうなる!というものを形にしたことには、それなりの
意義があったような気はしますが。

 
DSC00264.JPG

広大な敷地に広い広い宮殿。 なので、常に、どこかしらが修復の工事中です。。

DSC00230.JPG

それにしても、どこもかしこもこんな感じで、いろんな意味で凄いなぁと感心してしまいます。
というか、日本人の美に対する感性って世界でも特異な部類にはいるのかもしれませんね。。


DSC00233.JPG

DSC00242.JPG

DSC00249.JPG

DSC00256.JPG

狩りの名手で、月の女神ディアナ。 同じ像がルーブルにもあります。
フォンテーヌブロー宮殿には、絵の中によく出てきています。
アンリ2世の愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエを表しているとか。


DSC00257.JPG

窓から、見える庭園風景。 ずーっと遠くまで見渡せます。

DSC00222.JPG

地上から見ると、広すぎて、遠くまで見渡せません。

DSC00224.JPG

DSC00223.JPG

というわけで、とても半日では見きれない庭園でした。





このBlogのヘッダーを旅行中にオンフルールで撮った写真に差し替えてみました。
Photoshopって、楽しいな


さて、このフォンテーヌブロー宮殿で、現地ガイドの方が力説したのは、後期ルネッサンスの
影響受けたインテリアや庭園の話と、もう一つは、アンリ2世と2人の女性のエピソード。

2人の女性とは、王妃カトリーヌ・ド・メディシスと愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエ

アンリ2世が造らせた部屋には、彼女たちに捧げた部屋がいくつもあり、それぞれに彼女達の
頭文字や肖像画が描かれています。
とりわけアンリ2世が目をかけていたディアーヌの紋章をカトリーヌ王妃の頭文字に隠して
描かせるなど、アンリ2世もいろいろたいへんだったみたいです(笑)
(それを、何百年経っても世界中の人たちに伝えられているとは。。)

アンリ2世が40歳で亡くなるまで寵愛を受け続けたディアーヌは、美貌だけでなく、知性、
政治的洞察力に優れていたそうですが、アンリ2世より20歳も年上というのには驚きました。 
60代になってもその美貌は少しも衰えず、高貴な美しさを漂わせていたという伝説の美女
だったらしい。 

メディチ家の血筋だったこともあり王妃になったカトリーヌは、すいぶん悩んだそうです。
国を治める貴族として生きるというのも、いろいろたいへんなことですね。。


DSC00199.JPG

この部屋も、ディアーヌに捧げた部屋だったと思います。

DSC00200.JPG

3D肖像画?

DSC00201.JPG

この部屋の絵の中にも、よく観るとディアーヌを讃えるような作品が。

DSC00202.JPG

ここにもゴブラン織りのタペストリー。

DSC00206.JPG

この図書の廊下! 素敵。。。

DSC00209.JPG


DSC00210.JPG

色合いが美しい天井画。

DSC00211.JPG

ナポレオンが滞在した時に座るための玉座。

DSC00212.JPG

そろそろ豪華絢爛なインテリアも観慣れてきました(笑)
慣れとはおそろしいものです。。

DSC00215.JPG

というわけで、フォンテンブロー宮殿のほんの一部、でした!





さて、旅が始まってから、4日目。 
そろそろ曜日の感覚がなくなってきました(笑)   
この曜日がわからなくなる感じがいいですよね、旅も、恋も。。

なーんてことを言いながら、この日は2つの宮殿を訪れました。


まず、フランスで最も大きい言われる、フォンテーヌブロー宮殿

基本の構造は、フランソワ1世によるものですが、その他何人かの王に
よって増改築が繰り返され、現在の姿になっていったとのこと。

この宮殿のインテリアや庭園は、フランスで初めてイタリア・ルネッサンス後期の
・マニエリズム様式を取り入れたということで、16世紀のフランスのマニエリズム
様式の室内装飾は”フォンテーヌブロー様式”とも言われているそうです。
”マンネリ”という言葉は、ここからきているというのを初めて知りました。


DSC00169.JPG

向かって右側の門柱。 門を見ただけでも、宮殿内の雰囲気が伝わってくるようです。


DSC00172.JPG

コの字の宮殿の正面。

DSC00173.JPG

そして、右側の棟。 左側も同じようになっています。
とにかく、あまりの大きさにカメラに収まりません(笑)

DSC00174.JPG

入場券が可愛い。 これは、ルーブルとおそろいでした。

DSC00175.JPG

ステンドグラス風?の肖像画。 鮮やかな色が綺麗! 立体感がすごい!

DSC00181.JPG

王妃様用の寝室。  

DSC00182.JPG

王様用の寝室。

DSC00183.JPG

タペストリーは、すべてゴブラン織り。
防寒と音を吸収する目的も兼ねているでしょうか? 
多くの部屋で壁という壁に飾られていました。

DSC00184.JPG

眩い天井。。

DSC00186.JPG

”余白”の美意識という概念は、ないようです(笑)

DSC00189.JPG

フランソワ1世の頭文字とドラゴンの紋章(中央)。

DSC00192.JPG

フランソワ1世の彫像。
フランス歴代の王の中で、最も国民に人気のあった方だったそうです。
芸術の発展に熱心だったとか。

DSC00194.JPG

フランソワ1世の二男、アンリ2世の彫像。 可愛い笑顔の王というのは、珍しいような。。

DSC00195.JPG

建物内のほとんどが、こんなふう。 狩猟民族のエネルギーが感じられます。。

DSC00197.JPG

DSC00187.JPG

こちらが、フランソワ1世の回廊と呼ばれる場所。
ここまでするかな?というデコラティブさですが、ヴェルサイユのインテリアと
比べると、大人っぽいというか、これでもまだ落ち着きがある印象です。

(#2へつづきます)






IMG_1121 - コピー.JPG

ホテル解散の後は、地下鉄でどこかへ出かける人、街を散歩する人など、それぞれ
が自由に過ごす時間。

とはいえ、夜の9時に娘連れでウロウロするのもなかなかたいへんかな?ということで、
宿泊ホテルの隣のリヨン駅舎内にあるレストラン"Le Train Bleu"へ。

1901年開業のこのレストランは、ベルエポック調の室内装飾で知られていて、
映画『ニキータ』や『Mr.ビーン』にも登場します。
なので、映画ファンとしては、歩いて3分のこのお店に行ってみるのもいいかなと。

回転扉を押して店内に入ると、ご覧のとおりのデコラティブなインテリアです。

でも、席について様子を見ていると、そんなに畏まった雰囲気のお店ではないことが
わかります。 ちゃんとしているけれど、やはり駅舎内のレストランだなぁという感じ。
でも、畏まりすぎず、旅の途中で立ち寄るのにはちょうどいいのかもしれません。

お店の方も、厳かにではなく、テキパキと、でも愛想よく仕事をこなします。
やっぱり駅での仕事は、時間が勝負ですからね。

料理のお味はというと、うーん、シンプルで大味な感じかな(笑) 
量は、日本の女性には多いんじゃないかしら。


IMG_1120 - コピー.JPG

大きな窓からは、下の写真のホーム”が見えます。

IMG_1116 - コピー.JPG



映画『ニキータ』では、ヒットマンとして教育されたニキータが、上司に「誕生日の
お祝いをしよう。」と言われて連れてこられるのがこの”トランブルー”。
心密かに上司に思いを寄せていたニキータは、デート気分で、彼が差し出すプレゼントに
大喜びするものの箱の中には初仕事のための銃が入っていて…。
というのが、このレストランでのシーン。   ちなみに、こんな感じでした。。




レストランの内装が良くわかりますね。

リュック・ベンソン監督のこの映画については、S?な上司にややイライラしつつも(笑)、
彼氏役のジャン=ユーグ・アングラードの優しい眼差しに癒されるという印象でした。

『Mr.ビーン』では、牡蠣を食べる?シーンがこのレストランだったかな。

そんなことを思いつつ、夜は更けていきました。。。




DSC00165.JPG

さて、オンフルールから再びバスに乗って、約200厠イ譴織僖蠅鯡椹悗靴泙后

しばらくは、こんな景色が続いた…ところまでは記憶していますが、いつのまにか
眠ってしまいました。  こういう時、ツアーって安心、寝てても間違いなく着くから(笑)


そしてどれくらい眠っていたのか、ふと目を覚ますと・・・

そこは、もうパリ市内でした!


今まで、いろんな映像や写真で観慣れた?景色が、リアルに、目の前に、フツーにある、
ということを受け入れるのに、ちょっと時間がかかってしまうような不思議な感覚。

そして、しばらくすると、ついに来たんだ。。という思いが胸の中に広がっていきました。

IMG_1113 - コピー.JPG

起きぬけにシャッターを押したせいか、いつにも増して写真もヨレヨレですね(笑)


IMG_1111 - コピー.JPG

通り過ぎそうになって、慌ててシャッターを押して撮ったポン・ヌフの橋。

これも良く映画などに出てきますが、あのクリスト氏が、布でそっくり包んだ橋でもありますね。


DSC00162.JPG

セーヌ川沿いにバスは走り、今夜の宿泊ホテルのすぐ隣にある、リオン駅に到着。
こんなに明るいですが、すでに夜の8時前ぐらいだったと思います。

さて、お部屋で休憩したら、少しだけエレガントな服に着替えて、予約していた
レストランで夕食です。。。





IMG_1093 - コピー.JPG

ブルターニュ地方とノルマンディー地方の境目辺りにあったモン・サン=ミッシェルから
再びバスに乗りこんで2時間ほど行ったあたりでしょうか。

オンフルールという北フランス最古といわれる小さな港町に立ち寄りました。

2時間くらい、ぶらぶらお散歩。

なんだか、とっても可愛らしい街並みです。

IMG_1091 - コピー.JPG

街の名前に花という言葉があるように、あちこちにお花が。


IMG_1095 - コピー.JPG

横路に入ると、素朴でこじんまりしたカフェやお店が並んでいます。

ヴァカンスのために滞在している人たちもたくさん。
いろんなタイプのカフェもいっぱい。
そして、クレープのメニューが豊富です♡


IMG_1099 - コピー.JPG

お店の中で多いのは、ギャラリー。

ここは、昔から多くの画家が集まってきて絵を描いたところなのだとか。
確かに、のどかな街並みや港の風景を見ていると、絵を描きたくなるものうなずけます。

画家のウジェーヌ・ブーダンや、知ってるところでは音楽家のエリック・サティも
この街の生まれなのだそう。

ここからほど近いル・アーブルの街には、モネの家があるのですが、残念ながら
今回は?行きつけず。。 はぁー ここまで来てるのに〜
というのが、時間の限られた旅のつらいところですね。


そして、横路を通り抜けると。。

IMG_1105 - コピー.JPG

運河の横手に忽然と現れたのは、移動遊園地のメリーゴーラウンド♪


いつかのんびり滞在してみたい、のどかで美しい街、オンフルール、でした。。。

re_panoramiquemaliereweb - コピー.jpg
《この写真はHonfleur観光局のサイトからお借りしました》


Honfleur観光局のサイトは、こちらから






  
DSC00130.JPG

建物見学はこれでおしまい。 というわけで、階段や坂を下ってスタート地点に戻ります。
途中でもう一度引き潮タイムの湾が見渡せる場所へ。

ここは本当に気持ちのいいところで、しばらく風に吹かれながらこの景色を眺めていました。

写真の上中央に見える小さく平らな島は、同じ湾内に浮かぶトンブレーヌ岩。
そのずっと向こうは、イギリス海峡。
あぁ、イギリス。。と心の中でつぶやく。 憧れの彼の地に未だ行きつけていない私。 
今、私の人生の中で最も近づいているのに。。惜しいな(笑)

古の人たちも、ここから引き潮の広大な砂地や、夕刻、波が少しずつ寄せてきて島が海に囲まれる
様子を眺めたりしたのでしょうか。。(私も夕方までいて、潮が満ちてくるところ見たかった。。)

人間の力が及ばない自然の偉大さを身近に感じることのできるこの場所は、神様に一生を捧げて
道を修める環境には最適だったのでしょうね。

とはいえ、ここの上げ潮は平均で毎分62mと、約20キロメートルも後退した海岸線にかなりの
速さの波が押し寄せます。 馬のギャロップ並みの速さで潮が満ちてくるという伝説があるほど。
大昔の巡礼者が命を危険にさらされたこともあったとか。

そんなサン・マロ湾ですが、周囲の砂浜が20世紀初めに比べて3m近く上がってしまったそう。
19世紀半ばに干拓地を確保するために作られた堤防によって沿岸河川の流れが変わり、
湾に砂の堆積する速度が速まってしまったのが原因だと言われています。
このままでは、島が海に浮かばなくなってしまうということが予測されるため、2006年から
様々な対策がこうじられているそうです。


百年戦争や宗教戦争に巻き込まれ、増改築や復元を繰り返し、牢獄として使われていた時期も
あった波乱万丈のこの建物が、約1300年の時を超えてその姿をとどめていることに心を動か
されたひとときでした。


DSC00106.JPG

さて、スタート地点のホテルやお店のある通り”グラン・リュ”に戻って来たのは、正午過ぎ。

私達が、スタートした9時過ぎは写真のとおりまだ人もまばらでしたが、お昼には世界中から
訪れた人々で狭い通りは人がひしめき合っていました。

そんな通りから逃れるように、入口に近いところにあるレストランへ。
今日は、本当にたくさん昇ったり降りたりしたので、おなかはペコペコ。 


下の写真が、モン・サン=ミッシェル名物の”ふわふわオムレツ”です。
卵を泡だてたふわふわのメレンゲの上に、クレープがのせられています。
味は・・・ ほとんどないです(笑) 空の雲を食べたらこんな感じかも(笑)

IMG_1411 - コピー.JPG

ワインもすすめられたのですが、お酒が強くない私はお昼の飲酒は諦めて、ジュースを。
この他に、肉料理やデザートもセットになっていて、ちょうどお腹一杯になりました。


食事も終り、いよいよモン・サン=ミッシェルを離れます。

城壁の門をくぐると、空にはふわふわの雲。

海岸では、子供や大人や犬たちが、のんびり遊んでいました。。。


DSC00159.JPG






DSC00134.JPG

ほぼ頂上辺りにある修道院の礼拝堂にようやく到着。

中に入ってみると、やはり祭壇のある内陣には朝の陽光が差し込んでいます。
光の方へ近いて見ると・・・

DSC00139.JPG

ここが内陣に設えられた祭壇。

修道院ということで、他の教会に比べると(特に昨日のシャルトル大聖堂を観た後なので)
美しくありながらもとても清貧な印象です。


DSC00138.JPG

祭壇の向かって左手には、ここを立てるようにお告げをした聖ミカエルの像。


DSC00140.JPG

この修道院の中で一番美しいと感じたのが、この回廊でした。
修道士たちが、瞑想するために使われたそうです。

そのためか回廊の内側はとても暗くなっていて、この日のように快晴の日中は中庭の明るさとの
明暗のコントラストがドラマティックな雰囲気を感じさせます。


DSC00145.JPG

また、中庭側の細い柱は、互い違いに2列になっています。

幸い人がまばらだったので、一定のスピードで回廊を歩いてみると、2列になったたくさんの柱
の間から中庭の光が瞬いて、それがまるでリズムを刻んでいるよう。


DSC00143.JPG

柱の上部には、ゴシック調の装飾がほどこされています。


DSC00144.JPG

ゴシック調とは森のようなイメージだそうで、草木や樹木をモチーフにしたような
細やかな装飾が美しいですね。



DSC00147.JPG

また、修道士たちの食堂には、このようなガラス窓が約60枚も。
明かりを取り入れながら、厚い石の壁で強度を上げるという工夫は、当時の建築技術
としては画期的なものだったそうです。

模様のパターンのバラエティの多さに驚かされます。


DSC00152.JPG

これは、巨大な滑車。
荷物を上げ下げするためのもの、だったかな?


DSC00153.JPG

こちらは、礼拝堂から何階かさがってきた部分にある部屋。
ここも、天井はヴォールトですね。


DSC00155.JPG

これがエマニュエル・フレミエ作の大天使、聖ミカエル像のレプリカ。
この像と同じ形で金メッキ銅製の本物が修道院の尖塔の上に飾られています。
この修道院の聖ミカエル像は、皆、ドラゴンを踏みつけています。

そして、甲冑を身につけ、剣をかざした姿がミカエルの証拠。

パリの街角には、同じような甲冑をみにつけた女性の像がありますが、あれは
ジャンヌ・ダルクなんですね。  パリにもミカエル像はありますが、聖ミカエルは、
大天使なので大きな翼を持っています。

ちなみに、ジャンヌ・ダルクに王家のために戦うようお告げをしたのも、
この聖ミカエルだと言われているのだそう。

ちょっとおもしろい。。





DSC00099.JPG

翌日は快晴!
午前9時ごろの朝のモン・サン=ミッシェルの姿は、また雰囲気が違いますね。

この小島にそびえるモン・サン=ミッシェルは中世に建てられた修道院。
カソリック教徒のフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼地』の一部でもあるとか。
三角の上半分が修道院、真ん中やや下の辺りは小さな町、下の方は住居など。

今日は、たくさん歩くことが予想されるので、朝食はいつもよりも多めにしっかりと(笑)

ホテルからは、バスで5分ほどです。

DSC00103.JPG

写真の下の門をくぐり、ここからいよいよスタート。
修道院の塔の先端には、聖ミカエルの金色の像が朝陽を浴びて光り輝いています。


DSC00104.JPG

門を入ってすぐのところの看板。
日本語の「あんないじょ りょうがえ」が可愛らしく見えるなぁと思ったら
ちっちゃい「ょ」がメチャクチャ小さいの(笑)

ここには、世界中の国々から毎日たくさんの巡礼者や観光客が訪れます。
そのため、門をはいると、そんな人々を迎えるレストランやホテルなどが細い通りの両側に
立ち並んでいます。


DSC00108.JPG

こじんまりとしたホテルが数軒ありました。


DSC00109.JPG

美味しそうなパンやチーズやケーキを売っているお店。
朝食を食べてきたばかりなのに、あまりにも美味しそうで思わずパチリ(笑)


DSC00110.JPG

この辺りで、よく見かける羊をデザインした看板が可愛いですね。
ここもホテル兼レストラン。


DSC00112.JPG

途中、綺麗なお花がちらほら。
上り坂をひたすら登る旅人の目を愉しませてくれます。


DSC00113.JPG

小さな街並みを過ぎると、そろそろ修道院の建物が現れてます。
近くで観た、修道院の主要部はゴシック調、内部は中世のいろいろな建築様式が
混じっているそうです。


DSC00114.JPG

この日登った階段数えきれませんが、特に、下の写真の階段かなり息切れしました(笑)

IMG_1341 - コピー.JPG

だいぶ、上の方まで来ました。

ふと見上げると、聖ミカエルの金色の像がだいぶ近くなっています。

DSC00115.JPG

ここまで来ると、見晴らし台のようなテラスのような空間があって、湾や湾に流れ込む川、
遠くにはイギリス海峡も見渡せます。

一生懸命登ってきて見るこの広大な景色は、何とも言えない清々しさ。
しばらくのんびり眺めて、満潮になって海水が満ちた時の様子を想像してみたり。。。


この時間(だいたい10時頃)は、引き潮なので、粘土状の砂地が露わになっていて、
歩いている人、馬に乗っている人もちらほら見えます。

DSC00129.JPG


そして、ふと足元に目をやると、石畳に何やら文字のような徴が。
これは、この石を敷き詰める作業をした人たちが、自分がこの仕事に携わった証として
オリジナルのマークを彫りいれたものだそうです。 
よく見ると、確かに同じマークがいくつもありました。

古の働く人々の思いが伝わってくるようです。。。

DSC00132.JPG






DSC00091.JPG

シャルトルを後にして、バスで数時間かけてノルマンディー地方南部へ。
車窓からは、ひたすら続く田園風景が見えていました。 
広大な牧草地では、馬や牛、顔だけ黒い羊たちがのどかに草を食んだり走り回ったり。  

そして、サン・マロ湾辺りに着いた頃には夕方。 
といってもサマータイムのフランスは日が暮れるのは夜の10時頃なので、まだまだ明るい
のですが。。

この日は、モン・サン=ミッシェルにほど近いホテルに宿泊。
モンサンミッシェルに歩いてもいけるほどの距離なので、この辺りには、たくさんのホテルが
いくつもあります。 でも、景観を壊さないためかどれも低層でこじんまりしたものばかり。

空が広くて、気持ちがいいです。


写真は、夕食後にお散歩した時のものです。

明日、観に行くことになっているモン・サ=ミシェルのある小島。 

イギリス海峡を臨むサン・マロ湾に浮かぶ修道院の夜の姿はこんな感じでした。。。

DSC00095.JPG